ベビーシッターを依頼する際の注意点

subpage01

保育施設の不足に伴う、待機児童の問題は、マスコミなどに取り上げられ、大きな社会問題となりましたが、まだまだ十分な施設は完備されておらず、問題解決にはもう少し時間がかかりそうです。こういった状況の中で注目されているのがベビーシッターです。

国家試験を取得する必要がなく、保育士に比較すると簡単に始めることができますし、自宅で開業することもできるのが魅力です。



その反面、トラブルとなるケースも多いので、簡単に子供を預けるのではなく、慎重に対応する必要があります。

ベビーシッターを利用する際に、是非とも活用したいのが公益社団法人全国保育サービス協会です。


この協会では研修や資格認定など質の維持向上に取り組んでいる団体ですから、事前に選定方法や子供への対応などを相談しておくと良いでしょう。特に、この協会に登録しているベビーシッターはしっかりと研修を受け認定されていますから安心です。


ある程度、候補が決まったら実際に子供と面会してもらうと、事前に子供の反応が窺えますから安心です。いくら安心できるベビーシッターでも子供との相性があります。



相性が合わなければ、辛い思いをするのは子供だということを決して忘れてはなりません。



様々な事情により、子供を預けないといけない場合、ベビーシッターはとても頼りになる存在ですが、そこに頼り過ぎるのは得策ではありません。


子供のことを考えると、あくまでも緊急対応だと考えるくらいが丁度良いのです。