ベビーシッターの資格とチャイルドマインダー

subpage01

チャイルドマインダーと違い、ベビーシッターは依頼者の自宅で保育を行いますが、自宅での保育所を開業することはできません。
あくまで個人契約による在宅保育なので、自分の家に子どもを預ける施設を作りたいというのであれば、チャイルドマインダーの資格を取る必要があります。
もしくは、チャイルドマインダーのいる自宅や利用者が指定する場所で子どもを預かって面倒を見る場合もあります。
ベビーシッターは資格がなくてもできますが、民間資格が存在します。


通信講座などでも取得することができるもので、通信講座であれば5万円〜9万円くらいでベビーシッターの養成講座を受講することができます。

ベビーシッターにまつわる情報をまとめています。

18歳以上で、ベビーシッター業務経験があれば、2つの研修を受講したのち、試験に受かれば認定ベビーシッターの資格を取ることもできます。

こちらは受講料と登録料で15000円くらいです。

お手軽さが魅力の産経デジタルに関する最新情報はこちらです。

注意したいのは、18歳以上ではないと受けられないということです。高校生のうちに資格を取ってしまいたいという人は試験条件を満たしていないので、注意しておきましょう。

試験内容はほとんど5者択一で、合格率が90%と高いです。

実務経験があることが試験を受けることができる条件になっているので、日頃の知識や技術を本番で活かすことができれば問題なく合格できるでしょう。



チャイルドマインダーはさらに高度な知識が求められるので、資格取得するにはシッター以上の勉強が必要です。