ベビーシッターとして開業するには

subpage1

ベビーシッターの国家資格などは存在せず、登録や認可も不要なので、開業だけであれば誰でもできます。個人開業もしやすいですが、何の伝もない状態でベビーシッターを始めたとしても、利用者は現れない可能性が高いです。

エキサイトニュースをあなたに紹介致します。

大切な我が子を預けるという親たちにとって、預ける相手が本当に信頼して良い相手かどうかは不安なものです。なので、全くの未経験者では経営は成功しないでしょう。

なので、まずは保育の施設に勤めて集団保育を覚えてみるといいでしょう。

保育士のサポート仕事であれば、保育士資格がなくても出来るものもあります。一番確実なのは、保育士や幼稚園教諭として勤めてから独立開業の形でベビーシッターを始める方法です。



これならば個人で行っても信頼されやすいでしょう。


また、自分が中心となって他のベビーシッターを集めて仕事ができる可能性もあります。
また、スキルアップだけではなく、万が一のトラブルに備えておくことも大切です。

シッター中に預かっている子どもにケガをさせてしまった場合、保険に加入していないとすべて自己負担になる可能性があります。保険会社を利用してもいいですが、公益社団法人全国保育サービス協会という協会に加入していれば、協会の保険制度を利用することができるので加入しておいたほうが安心です。

きちんと審査を受けて加入していることが、ちゃんとしたシッターというイメージにつながり、利用者が集まりやすくなる可能性もあります。

ベビーシッター技術のご紹介です。

生活が気になる方

subpage2

チャイルドマインダーと違い、ベビーシッターは依頼者の自宅で保育を行いますが、自宅での保育所を開業することはできません。あくまで個人契約による在宅保育なので、自分の家に子どもを預ける施設を作りたいというのであれば、チャイルドマインダーの資格を取る必要があります。...

next

これからの生活

subpage3

保育施設の不足に伴う、待機児童の問題は、マスコミなどに取り上げられ、大きな社会問題となりましたが、まだまだ十分な施設は完備されておらず、問題解決にはもう少し時間がかかりそうです。こういった状況の中で注目されているのがベビーシッターです。...

next

生活の話

subpage4

保育園や幼稚園の数が足りず、子どもを預ける事ができない人の多くがベビーシッターを利用しています。自宅に居ない間に、子どもの面倒を見てくれるので、今まで育児が理由で働く事ができなかった人も働けるようになりました。...

next

生活のテクニック

subpage5

親の代わりに子供の面倒を見てくれるベビーシッターは、親が仕事で育児ができない時だけしか利用する事ができないと思っている人が多いです。実際には、仕事以外の用事がある時でも利用する事が可能ですが、その事を理解して利用している人が少ないのが現状です。...

next